TOPSoftware > 自動で高さが変わる立ち机「Autonomous Desk」、...

Software

自動で高さが変わる立ち机「Autonomous Desk」、音声アシスタントも装備

2015/05/14

Pulkit Chandna TechHive

 だが、Autonomous Deskがまさにスマートなのは、音声で操作できる仮想アシスタント機能を搭載していることだ。簡単な音声コマンドを使って、オフィスで日常的に発生するさまざまな雑務を命じることができる。例えば、会議の設定、ランチの注文、タクシーの配車などだ。さらには、コネクテッドホームの機器を制御することもできる(この場合、コネクテッドオフィスと呼ぶべきか)。

 同社の説明によると、アプリの開発に興味があるサードパーティは、AndroidベースのSDKを使ってアプリを開発し、「Desk App Store」を通じて利用者向けに公開できる。また、Web上の主要なサービスや各種スマートデバイスと連携できることが既に確認済みだ。例えば、米Nest Labsの製品、オランダRoyal PhilipsのLED照明「Philips Hue」、米Lockitronのスマートロック、米Wolfram Alphaの質問応答サービス、米Yelpのサービスなどと連携できる。

 机の重さは120ポンド(約54kg)。充電用USB端子、ワイヤレス充電器、HDスピーカーを備えており、バッグや鍵をかけておくためのフックもある。出荷開始は7月の予定だ。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ