TOPNetwork > SAP創業者、Qualtrics買収の内幕と意義を語る

Network

SAP創業者、Qualtrics買収の内幕と意義を語る

2019/05/14

Scott Carey Computerworld UK

 独SAPは昨年、オンライン調査プラットフォームを手がける米Qualtricsを80億ドルで買収することを決めた。この買収の決断について、SAPの創業者で取締役会議長のHasso Plattner氏は、取締役には抵抗もあったと明らかにしたうえで、SAPのBill McDermott最高経営責任者(CEO)が決断を主導したと述べた。

Credit: Magdalena Petrova

 米フロリダ州オーランドで開催した年次イベント「SAP SAPPHIRE NOW」において、Plattner氏は5月8日、記者団に対して次のように語った。「SAPはこの買収に乗り出すべきだということをBillは急いで説得していた。当然、抵抗もあった。買収しなければIPO(新規株式公開)に進むとのことで、相応の額を求められた。取締役会はBillに一任することを決めた。こうして両社は一緒になった」

 Qualtricsが英ロンドンで先月開催したイベント「X4」でも、SAPの取締役であるAdaire Fox-Martin氏が、この買収に関して、同じような度合いの抵抗を認める話をしていた。取締役会で買収先の候補としてQualtricsが示された時に、「あなた方を探り、自分で調査する必要があった」と語っている。

↑ページ先頭へ