TOPSoftware > iOS 12.4ベータ2がリリース、Apple Card対応...

Software

iOS 12.4ベータ2がリリース、Apple Card対応の準備着々か

2019/05/22

Jason Cross Macworld

 米AppleのiOSは、5月13日に「12.3」が正式リリースとなり、チャンネルの購読に対応した新しいApple TVアプリなどが使えるようになったばかりだが、Appleは早くも、次のポイントアップデートである「iOS 12.4」のベータ版をリリースした。

Credit: Jason Cross/IDG

 WWDCが間近に迫り、「iOS 13」の最初のベータ版もその頃には登場すると見られる中、なぜ新たなポイントアップデートが必要なのかは定かではない。単なるバグ修正やセキュリティアップデートのみで、ユーザー向けの機能に大きな変更がないのであれば、例えば12.3.1といったマイナーアップデートが普通のはずだ。

 開発者向けのベータ版は、「Apple Developer Program」に参加している開発者が入手できる。また、一般向けのベータ版は、「Apple Beta Software Program」に参加することで入手できる。いずれも、ベータ版を導入したいデバイスで登録する必要がある。ベータ版は、多くの場合には安定しており、新たなバグ修正が加わっていることもあるが、メインで利用しているデバイスには導入しないことをお勧めする。

 なお、5月15日にリリースされたiOS 12.4ベータ1は開発者向けのみだったが、iOS 12.4ベータ2は開発者向けと一般向けの両方が5月20日にリリースとなった。

↑ページ先頭へ