TOPSoftware > Amazon、声から感情を読み取るウエアラブルデバイスを開発...

Software

Amazon、声から感情を読み取るウエアラブルデバイスを開発中か

2019/05/27

Michael Simon PCWorld

 米Amazon.comの大勢の利用者たちは、商品が届いた時にうれしいと感じている。だが、それ以外の1日1400分余りの間に何を感じているのだろうか。Amazonはそれを知りたいと考えているようだ。米Bloombergの2019年5月23日の報道によると、Amazonは現在、マイクで拾った声から利用者の感情を読み取ることができる新しいウエアラブルデバイスを開発している。

Credit: Michael Simon/IDG

 Bloombergによると、この製品は、腕に装着するヘルスケア用ウエアラブルデバイスという触れ込みで開発が進んでいる。マイクとソフトウエアがペアになって感情を読み取れるほか、他人との効果的な接し方について助言するといった機能も実現可能とのことだ。開発は、スマートスピーカー「Echo」や音声アシスタント「Alexa」と同じチームが担当している。4月の報道によると、このチームは現在、家庭用ロボットの開発も進めている。高度なカメラとコンピュータービジョンのソフトウエアを搭載し、自動運転車のように家の中を自ら動き回ることができるロボットだという。

 機械に感情を読み取られるなんて、SFで描かれるディストピアのように思える人もいるだろう。部屋の照明を消したり、バースデーカードを送り忘れないようリマインダーで通知させたりといった用途では、我々は既にAlexaを頼りにしている。だが、自分の感情を絶えずAmazonに知られるとなると、話の次元が変わってくる。いつの日か、このテクノロジーがEchoにも組み込まれ、気分が落ち込んでいると認識された時にはコメディドラマ「マーベラス・ミセス・メイゼル」の最新シーズンを見るよう勧められる、といった未来も想像に難くない。

↑ページ先頭へ