TOPHardware > Appleの自動運転車、Volkswagenのバンを改造して...

Hardware

Appleの自動運転車、Volkswagenのバンを改造して登場か

2018/05/28

Michael Simon Macworld

 米Appleが自動運転車の開発プロジェクト「Titan」を進めているという話は数年前から報じられていた。野心的なプロジェクトのビジョンを支えるために、1000人以上のメンバーが携わり、豪華な装備やスマートなインフォテインメントシステムを備えた革新的な電気自動車を開発しているとの噂だった。しかし、米New York Times(NYT)の2018年5月23日の記事によると、Appleをもってしても克服が難しかった課題があるようだ。

Credit: Volkswagen

 同記事によれば、プロジェクトが始まったのは2014年。Appleのよりすぐりのエンジニアや、デザイナーのJonathan Ive氏が参加し、Appleの名にふさわしい新機軸の自動車のプロトタイプ開発を進めていた。いわば「iPhoneの自動車バージョン」のような車を開発する構想だったという。

 このプロジェクトが現在もApple社内で続いている可能性は十二分にある。だが、構想は大幅にスケールダウンし、はるかに現実的なものになった。最終的にAppleは、ドイツVolkswagenと提携を結んだとNYTは報じている。Volkswagenのバン「T6」に、コンピューター、センサー、電気自動車用の大型バッテリーなど、Appleの最新のテクノロジーを搭載する計画だという。

↑ページ先頭へ