TOPHardware > AMDのCEO、Threadripperの打ち切りを否定

Hardware

AMDのCEO、Threadripperの打ち切りを否定

2019/05/29

Mark Hachman PCWorld

 米AMDのLisa Su最高経営責任者(CEO)兼社長は台湾時間2019年5月27日、「COMPUTEX TAIPEI 2019」の開幕を前にした基調講演で、ハイエンドプロセッサ「Ryzen Threadripper」について何も触れなかった。だが、講演の後で報道陣に、Threadripperを打ち切ったわけではないと表明した。

Credit: Adam Patrick Murray/IDG

 Su氏はこの日の基調講演で、メインストリームでは同社初の12コアCPU「Ryzen 9」をはじめとする第3世代Ryzenや、次世代GPU「NAVI」などを発表し、聴衆を沸かせた。その一方で、重要な製品について一切言及しないというのは、製品の存続に疑わしさを感じさせるが、Su氏は講演後の取材で次のように語り、疑いを否定した。

 「ネットで広まる話は、時として実に興味深い。Threadripperを打ち切ると当社が言った覚えはない。だが、ネット上ではなぜかそういう話になった。当社は今後、新たなThreadripperを間違いなくお見せする」

↑ページ先頭へ