TOPSoftware > Firefox、サードパーティーCookieのブロックをデフ...

Software

Firefox、サードパーティーCookieのブロックをデフォルトに

2019/06/06

Mark Hachman PCWorld

 米Mozillaは6月4日、「Firefox」ブラウザーの最新バージョン「67.0.1」をリリースし、当バージョンより、新規ユーザーに対して「Enhanced Tracking Protection(強化版追跡防止)」機能をデフォルトで有効にすると発表した。既知のサードパーティーのCookieすべてをブロックし、Web上の行動が追跡されるのを防ぐ。同機能は昨年リリースされた拡張機能「Facebook Container」の新版とも連携する。

Credit: Firefox

 新規ユーザーにはデフォルトでEnhanced Tracking Protectionが有効に設定されるが、既存ユーザーが取り残されるわけではない。Firefoxのメインメニューの「プライバシーとセキュリティー」から「コンテンツブロッキング」を開き、「カスタム」を選んで「Cookie」をチェックし、ドロップダウンメニューで「サードパーティートラッカー」を選択すればよい。

 Mozillaはプライバシー強化の取り組みの中で、2018年3月にFacebook Containerをリリースした。Facebookをコンテナー内に封じ込めることで、ユーザーのFacebook外でのオンライン行動をFacebookが追跡できないようにするというもの。Facebookをブラウジングするタブは他のサイトから隔離され、通常のタブと簡単に見分けられるよう青い目印が付く。

↑ページ先頭へ