TOPCloud > Microsoft AzureとOracle Cloudが相...

Cloud

Microsoft AzureとOracle Cloudが相互接続、まずは米国で

2019/06/10

Paul Krill InfoWorld

 MicrosoftとOracleが今回明らかにした協業の主な内容は以下の通り。

・AzureとOracle Cloudを直接接続し、オンプレミスのデータセンターを両クラウド環境に拡張できるようにする。まず米国で相互接続を提供し、その後、他のリージョンにも拡大する。

・統合的なIDおよびアクセス管理を可能にする。共通のシングルサインオン機能と自動プロビジョニング機能を導入し、両クラウド環境にまたがるリソース管理を実現できるようにする。OracleアプリケーションからAzure Active Directoryを利用して、条件付きアクセスの適用が行える。

・Azure上にあるOracleアプリケーション(E-Business Suite、PeopleSoft、Retail、Hyperion、JD Edwardsなど)と、Oracle Cloudのデータベースサービス(RAC、Exadata、Autonomous Databaseなど)を組み合わせた利用をサポートする。

 両社は共同のサポートモデルを展開し、企業のIT部門がこれら新機能を効果的に活用できるよう支援する。なお、Azureでは引き続き、Windows ServerやOracle Linuxなど多様なOS上にOracle Databaseをインストールした仮想マシンイメージを提供する。AzureOracleそれぞれのWebサイトから無料トライアルを申し込める。

(了)

翻訳:鈴木英子=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ