TOPIndustries > 大リーグのカージナルス、アストロズのDBに不正アクセスか、F...

Industries

大リーグのカージナルス、アストロズのDBに不正アクセスか、FBIが捜査

2015/06/19

Martyn Williams IDG News Service

 米大リーグの有力球団であるセントルイス・カージナルスが、ライバル球団のヒューストン・アストロズに対して優位に立つために、アストロズのコンピューターネットワークに侵入して球団内部の重要なデータベースに不正アクセスしたとの容疑が持ち上がり、米連邦捜査局(FBI)が捜査に乗り出している。

 不正アクセスが事実と確認されれば、米国の主要プロスポーツチームがライバルチームのシステムをハッキングしたことが公となった初めての事例となる。問題のデータベースには、アストロズが球団内で使用している各種データや動画、選手についての重要情報などが収められている。

 カージナルスと大リーグ機構はそれぞれ、FBIの捜査を認める短い声明を出した。

 カージナルスは声明の中で、捜査について認識していると述べたうえで、「これまで完全に捜査に協力しており、今後も協力する」と説明したが、捜査が進行中であるとの理由から、それ以上のコメントは避けた。

 リーグの運営元で、チームに対する制裁の権限を持つ大リーグ機構も、捜査に協力しているとの声明を出した。「FBIの捜査が終了した時点で、次の処置について検討し、迅速に決定を下す」としている。

 本記事執筆時点で、アストロズからのコメントは出ていない。

↑ページ先頭へ