TOPHardware > Apple、AirPods上位モデルやワイヤレスヘッドホンを...

Hardware

Apple、AirPods上位モデルやワイヤレスヘッドホンを来年投入か

2018/06/27

Michael Simon Macworld

 米Appleにとって2019年はオーディオ三昧の年になるかもしれない。米Bloombergの2018年6月25日の報道によると、Appleはオーディオ関連の新製品を3種類も投入する準備を進めている。特に目を引くのは、ワイヤレスイヤホン「AirPods」の上位モデルと、ワイヤレスヘッドホンが登場するという話だ。また、精彩を欠くスマートスピーカー「HomePod」の改良も計画しているという。

Credit: Jess Waters/Pexels

 Bloombergは今年2月の記事で、新しいチップを搭載しハンズフリーのSiriに対応した新しいAirPodsが今年中に登場するとの情報を伝えていた。今回の記事は、その話をあらためて確認したうえで、関係者から得た情報として、Appleが来年に向けて3種類のオーディオ関連製品を準備していると報じた。AirPodsやHomePodの新モデルもさることながら、特に興味をそそられるのは、スタジオ品質のオーバーヘッド型ヘッドホンが登場するという話だ。

 Appleは長年にわたって、テクノロジーと音楽を隔てる境界線をなくす取り組みを進めてきた。そのクライマックスが、2014年に米Beats Electronicsを32億ドルで買収したことだ。Appleはこれまで、両社のブランドを別々のままにしておくことに注意を払ってきたが、音楽配信サービスの「Apple Music」、そしてAirPodsとHomePodを見ると(あるいは聞くと)、Beats買収の効果が感じられる。主要製品の新モデルを3種類も開発中となると、Appleがワイヤレスミュージック界の先頭を走る1社となることも考えられる。また、こうした新製品は、Apple Musicの契約者数とiPhoneの売り上げを伸ばすことにもつながるかもしれない。

↑ページ先頭へ