TOPHardware > 電源が勝手に落ちるパソコン、掃除の方法は

Hardware

電源が勝手に落ちるパソコン、掃除の方法は

2014/07/14

 パソコンで動画の再生中に電源が勝手に落ちるという相談を受けた。筆者の推測では、おそらく過熱が原因だと思う。対処法を紹介しよう。

 CPUやハードディスクは電気を使うので、熱を発する。こうした熱は、パソコン内部の回路に深刻な損傷をもたらす可能性がある。幸い、パソコンは過熱に対する保護機能を備えており、温度が極端に上がると自動でシャットダウンして継続的な損傷を自ら防ぐようになっている。突然電源が落ちるのは、完全な故障に至るよりはましだと言えよう。だが、そういう状況自体を防ぐに越したことはない。

 過熱の問題は、ほとんどの場合は通風の問題だ。たいていのパソコンは、いくつかのファンを使って本体内に風を通すことで温度を下げる構造になっている。パソコンの過熱が頻繁に発生する場合、何らかの原因で通風が妨げられている可能性が高い。

 通風の問題は、デスクトップパソコンとノートパソコンで異なる。それぞれの対処法を見ていこう。

デスクトップパソコンの場合

 ほとんどのデスクトップパソコンは、本体の背面に通風孔がある。その面を壁にぴったり寄せたり、通風孔をふさぐ形で物を置いたりするのは避けよう。

 次は本体内部の確認だ。電源を切り、電源ケーブルを抜いてから、パソコン本体のケースを開ける。空気の流れを妨げている要因はないか確認しよう。例えば、通風孔をふさいでいるケーブルはないだろうか。もしあった場合は、位置をずらしておく。

↑ページ先頭へ