TOPCloud > Microsoft、企業向けセキュリティ製品を正式リリースへ...

Cloud

Microsoft、企業向けセキュリティ製品を正式リリースへ

2015/07/24

Blair Hanley Frank IDG News Service

 米Microsoftは現地時間2015年7月22日、企業向けセキュリティ製品「Advanced Threat Analytics」の正式版を2015年8月にリリースすることを発表した。また、iPhone用とiPad用のOfficeアプリを7月23日にアップデートし、「Azure Rights Management」のデータ保護機能を適用したドキュメントを閲覧できるようにすることも明らかにした。

 今回の2件の発表は、同社でエンタープライズ・クライアントとモビリティ担当のコーポレートバイスプレジデントを務めるBrad Anderson氏が、公式ブログ記事の中で明らかにしたもの。どちらも、企業データのセキュリティ強化に力を入れている同社の取り組みの一環だ。

 Advanced Threat Analyticsは、Microsoftが買収したイスラエルAoratoの技術を基にしたセキュリティ製品だ。企業のネットワーク内で見られる不審な挙動を機械学習で検出する機能があり、管理者への通知によってセキュリティ侵害を防ぐ。モバイルデバイスや、BYODで持ち込んだ個人デバイスも含めて、さまざまなハードウエアが企業ネットワークにアクセスする状況に対応が可能だ。

 Microsoftは、「Azure Active Directory」の利用者向けには、攻撃の検知のための機能を既に提供しているが、今回のAdvanced Threat Analyticsは、オンプレミスのインフラ向けのセキュリティ製品だ。

↑ページ先頭へ