TOPSoftware > JavaでSIMDをサポート、Vector APIの開発が進...

Software

JavaでSIMDをサポート、Vector APIの開発が進む

2018/08/21

Paul Krill InfoWorld

 OracleとIntelが触れ込みどおりのAPIを実現した場合、複雑なベクトル演算のアルゴリズムをJavaで記述するための仕組みが得られ、ベクトル化を既にサポートしているHotSpot VMを生かすことができる。ベクトル演算では、ある程度の並列化により、単一のCPUサイクルでこなせる処理が増えることから、パフォーマンスの大幅な向上が期待できる。このAPIが備えるユーザーモデルでは、ベクトル化の予測可能性が高まる。

 現時点で、このAPIの提案には、どのバージョンのJavaで投入する予定か記述はないが、プロジェクトの対象範囲はJava SEとなっている。x64アーキテクチャーのSIMDに寄せたAPIとなる恐れもあるが、提案では、ARMのScalable Vector Extensionアーキテクチャーをはじめ、他のアーキテクチャーも今後考慮に入れていくとしている。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ