TOPSoftware > JPEGを超える画像圧縮を人工知能で実現、Googleが手法...

Software

JPEGを超える画像圧縮を人工知能で実現、Googleが手法を開発

2016/08/26

Katherine Noyes IDG News Service

 最終的には、研究チームのモデルは、平均でJPEGを上回る成果を残すことができた。同チームによると、次なる挑戦は、大きな画像を対象として、動画圧縮コーデックを基にした画像圧縮手法よりも優れた結果を実現することだ。こうした圧縮手法は、「デコード済みの部分を再利用するなどの技法を使っている」からだという。このような画像圧縮手法の例としては、ビデオコーデック「VP8」をベースとした画像フォーマット「WebP」がある。

 ただし、研究チームも指摘しているように、圧縮の成果に関して優劣を決めるのは必ずしも簡単ではない。技術的な指標で比べた優劣と、人間が見た時に感じる優劣は、一致するとは限らないからだ。

 この研究について研究チームがまとめた論文は、2016年8月18日に公開された。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ