TOPHardware > Intel、3D NAND採用の個人/法人向けSSD製品を低...

Hardware

Intel、3D NAND採用の個人/法人向けSSD製品を低価格で投入

2016/08/29

Agam Shah IDG News Service

 この速度は、韓国Samsung Electronicsのエンタープライズ向けのNVMe対応SSD「PM953」(容量1.92Tバイト)より優れている。PM953の速度は、シーケンシャルリードが1000MB/s、シーケンシャルライトが870Mバイト、ランダムリードが24万IOPS、ランダムライトが1万9000IOPSだ。

 データセンター向けのもう1つの製品であるDC S3520シリーズは、Intelの広報担当者からメールで寄せられた説明によると、「ハードドライブからSATA SSDに最初に移行する時に最適」な製品だという。容量は150Gバイト(89ドル)から1.6Tバイト(739ドル)までで、フォームファクタは2.5インチとM.2。

 SSD DC S3520は、コンピュータが処理を進める間にデータを一時的に格納しておくキャッシュのような働きをする。例えば、システムの起動、インターネット経由で頻繁に使われるアプリケーションやデータの提供、データベースやアナリティクスで処理中のデータの格納などの際に使われる。データを長期的に保存しておくための場所ではなく、消費電力や読み書きの速度も控えめであることから、ストレージアレイに適している。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ