TOPIndustries > iOS 8、キルスイッチがデフォルトで有効に

Industries

iOS 8、キルスイッチがデフォルトで有効に

2014/09/19

Martyn Williams IDG News Service

 米Appleは、現地時間2014年9月17日にリリースしたモバイルOSの新版「iOS 8」で、スマートフォンメーカーとして初めて、キルスイッチをデフォルトで有効にした。キルスイッチとは、盗まれたスマートフォンをリモートでロックして安全性を確保するための機能だ。

 Appleの「iPhone」やAndroidベースのスマートフォンは、盗難事件の格好の標的になっている。警察幹部は、キルスイッチでその状況が変化することを期待している。

 キルスイッチがあれば、盗まれたスマートフォンをリモートでロックして端末を無効化できる。正しいパスワードを入力しない限り、ロックは解除できない。端末は実質的に使い物にならなくなり、転売価格はゼロに近付く。

 カリフォルニア州では、スマートフォンにキルスイッチ機能の搭載を義務づける法案が2014年8月に成立した。対象は、2015年7月1日以降に同州で販売されるすべてのスマートフォンだ。

 Appleは、2013年のメジャーアップデート「iOS 7」で、キルスイッチ機能「アクティベーションロック」を実装した。だが、デフォルトでは有効になっていない点が、カリフォルニア州の同法の要件を満たしていなかった。iOS 8はこれがデフォルトで有効になったことで、同法の要件をすべて満たした初めての事例となった。

↑ページ先頭へ