TOPIndustries > 体に密着する未来の宇宙服、MITが開発中

Industries

体に密着する未来の宇宙服、MITが開発中

2014/09/22

Sharon Gaudin Computerworld

 熱を加えた時の圧力が非常に大きいことから、この素材は与圧服として機能し、宇宙空間で宇宙飛行士の身体を完全に維持するために必要な圧力を供給できる。気体を使った大ぶりな宇宙服を着用しなくても体への圧力を保つことができ、宇宙飛行士が動き回ったり活動を行ったりする時の自由度が大きく高まる。

 この宇宙服を脱ぐ時も、宇宙飛行士が適度な力を加えるだけで、宇宙服は緩い状態に戻るという。

 宇宙空間で作業する宇宙飛行士にとって、過酷で危険な環境から命を守る頼みの綱が宇宙服だ。体温を維持したり、宇宙の真空、放射線、流星塵から身体を保護したりなど、宇宙服には複数の役割がある。

 だが、火星や深宇宙へと人類を送り込むためにNASAが探し求めている宇宙服は、宇宙飛行士を保護するだけでなく、岩場の地形や、砂っぽく滑りやすい場所でも、移動や作業を行いやすいものであることが必要だ。

 MITの研究者は、止血バンドのような形の装具でこの新素材をテストした。装具に電流を流して熱を生じさせたところ、特定の温度に達したところで、素材の中のコイルが収縮し、「記憶」していた形状に戻った。この機能を使って、第2の皮膚のような宇宙服を作ることができる。

 MITのポスドクで、コイルを使ったデザインを考案したBradley Holschuh氏は次のように述べている。「基本的には、自動で閉まるバックルのようなものだ。宇宙服を着た後で、これらの小さな機構すべてに電流を流せば、服が身体をシュリンク包装して密閉する」

 MITの研究者たちが次なる課題として取り組んでいるのは、宇宙服を最初に密着させた状態で持続させるにはどうすればよいかという問題だ。

 MITによると、研究者たちは2つの方法を考えている。1つは、宇宙服を一定の温度に維持するという方法、もう1つは、コイルにロック機能を組み込むという方法だ。温度を維持する方法は、宇宙飛行士が過熱状態になり、またバッテリーパックを持ち運ぶ必要が生じることから、現時点ではロック機能を中心的に探っているという。

 この研究はNASAから資金援助を受けている。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ