TOPIndustries > HTCのスマホ開発部隊をGoogleが11億ドルで買収、その...

Industries

HTCのスマホ開発部隊をGoogleが11億ドルで買収、その狙いとHTCの今後は

2017/09/25

Brad Chacos and Michael Simon PCWorld

 またHTCは、VRヘッドセット事業に賭けるようだ。同社の公式Twitterアカウントでは、今回の合意によってHTCが引き続き新興技術への投資とイノベーションを先頭に立って進めていくことができると述べ、対象となる技術の例として、IoT、VR、AR、AI、そしてHTC Viveの名を挙げている。

 HTC Viveは、パソコン接続型のVRヘッドセットとしては、現時点で手に入る中でベストの製品だ。また、登録商標の申請情報によると、「Vive Focus」という名前でスタンドアロン型のVRヘッドセットも登場する可能性がある。VR情報サイトUploadVRの記事によると、Vive Focusは、米QualcommのハードウエアとGoogleのVRプラットフォーム「Daydream」を基盤とし、Viveや米Oculus VRの「Oculus Rift」といったパソコン接続型ヘッドセットと同じような6自由度(6DoF:6 Degrees of Freedom)の追跡に対応すると見られる。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ