TOPIndustries > Obama大統領、クレジットカードの保護を強化する大統領令に...

Industries

Obama大統領、クレジットカードの保護を強化する大統領令に署名

2014/10/22

Steve Ragan CSO

 米国のBarack Obama大統領は現地時間2014年10月17日、米消費者金融保護局の本部を訪れ、連邦政府機関がクレジットカード決済のセキュリティ強化を推進していくことを定めた大統領令に署名した。2015年1月以降、ICチップ搭載カードの導入を推進する内容だ。大統領は、金融機関や小売業者にも同調を呼びかけた。

 今回の大統領令は、米ホームセンター大手Home Depot、米小売大手Target、米金融大手JP Morgan Chaseなど、世間の注目を集める大規模なデータ流出事件が相次いだことを受けてのものだ。

 ホワイトハウスの発表によると、TargetやHome Depotのほか、米WalMartなどの大手小売業者が、ICチップ搭載カードに対応した決済端末を2015年に全店に導入する。また、米American Expressは、ICカード対応の決済端末に移行する中小の小売業者を支援するプログラムに1000万ドルを投じる。

 決済カードの保護に関して、米国は何年も前から他国に遅れをとっていた。今回の大統領令や、ICチップ搭載カードの導入を進める金融業界と小売業界の動きが意味するように、磁気カードを読み取り機に通した後でサインするという50年間来の決済方法は、米国でもついに過去のものになろうとしている。

↑ページ先頭へ