TOPWireless > Googleのモバイル通信サービス、「Google Fi」に...

Wireless

Googleのモバイル通信サービス、「Google Fi」に改称して対応機種を拡大

2018/11/30

Michael Simon PCWorld

 米Googleは現地時間2018年11月28日、米国で展開しているモバイル通信サービス「Project Fi」の名前を「Google Fi」に変え、対応機種を拡大したことを発表した。iPhoneシリーズやGalaxyシリーズをはじめとする最近の主要機種で使えるようになった。ただし、今回対応した機種は、利用できる機能に一部制約がある。

Credit: Martyn Williams/IDG

 Google Fiは、通信キャリア3社(T-Mobile、Sprint、U.S. Cellular)の4G LTEネットワークと、200万以上のセキュアなWi-Fiスポットを利用する通信サービスだ。名前から「Project」という言葉が消えたことで、名実ともに正式なサービスとなった。既存の携帯キャリアにとっては要警戒だ。

 これまで、Project Fiを利用できるのは、「Pixel」「Moto G6」「LG ThinQ」など、Fi対応と銘打ったごく一部の機種に限られていた。今回新たに、韓国Samsung、中国Huawei、フィンランドNokia、米Essential、米Appleなど、各社の主要端末が対応機種に加わった。しかも、最新鋭の機種だけではない。「Galaxy S6」「iPhone 5s」「iPhone SE」など、旧型の機種も利用できる。

↑ページ先頭へ