TOPアプリ/OS > 豪リーガルテック企業、法律文書を自動作成するAlexaスキル...

アプリ/OS

豪リーガルテック企業、法律文書を自動作成するAlexaスキルを開発

2019/01/17

Byron Connolly CIO Australia

 Smarter Drafterの法律文書作成ツールは、オーストラリアでは150以上の法律事務所が既に導入しているが、これまでは弁護士しか使えなかった。今回のAlexaスキルのリリース日はまだ決まっていないものの、ほんの数カ月先には企業や家庭で必要な法律文書を音声アシスタントを通じて作成できるようになるとLong氏は述べている。

 Long氏によると、このツールはチューリングテストをまだクリアしていないが、近い将来には人間の弁護士がAIのスタッフと協力して仕事をするようになると同氏は考えている。AIスタッフが弁護士と密接に連携して、電話も代わりにこなすようになり、依頼人からすると、話している相手がコンピューターなのか人間なのか分からないかもしれないと同氏は言う。

 さらにLong氏は、このテクノロジーは若手弁護士にとって実に脅威だと指摘する。

 「若手弁護士の多くは、法律事務所で手順に沿った膨大な作業をこなすことがキャリアの第一歩だった。文書の検索や法律文書の草稿作りといった作業で、自動化の格好の候補だ。そこで問題になるのは、これからの若手弁護士は何をしていくかだ。意外にも、一部の若手弁護士にとっては、従来の世代に比べて、上級レベルに昇格して独立開業するまでのスピードがむしろ上がることになるだろう。人間のチームから学ぶ代わりに、テクノロジーとAIを活用できるからだ」

↑ページ先頭へ