TOPアプリ/OS > Apple Watchをバンドで多機能化する技術、Apple...

アプリ/OS

Apple Watchをバンドで多機能化する技術、Appleが特許を取得

2017/01/26

Caitlin McGarry Macworld

 米Appleは現地時間2017年1月24日、米特許商標庁から、ウエアラブルデバイス用のバンドに関する特許を付与された。モジュール型のバンドリンク(バンドの駒)に電子部品で機能を内蔵する手法についての特許だ。そのかなめとなるウエアラブルデバイスは、明らかに「Apple Watch」である。

Credit: Apple

 このようなモジュール型バンドリンクがもし実現されれば、Apple Watchのバンドにさまざまな機能が組み込まれることが考えられ、単体で完結するデバイスとしてApple Watchを使えるようになる可能性がある。

 興味をそそられるのは、具体的にどのような機能が想定されるかという部分だ。Appleの特許申請文書では、モジュール型バンドリンクに内蔵する電子部品について、「いかなる種類の機能に関連した、いかなる種類の電子部品でもよい」と述べている。

 バンドリンクの一つひとつに、それぞれ別々のデバイスとしての機能を内蔵させて、カメラ、バッテリー、スピーカー、光電池、生体センサー(血圧計、汗センサー、体温計など)として働かせることが可能になるかもしれない。

↑ページ先頭へ