TOPアプリ/OS > Tizen 4.0、2017年9月にリリースへ

アプリ/OS

Tizen 4.0、2017年9月にリリースへ

2017/02/03

Agam Shah IDG News Service

 モバイルOS「Tizen」の新バージョンであるTizen 4.0の開発が進んでいる。リリースは2017年9月の予定だ。Tizenは、モバイルデバイス、ウエアラブルデバイス、スマートデバイスなどで動作するOSで、現在は主に韓国Samsung Electronicsの製品に搭載されている。

Credit: Samsung

 Tizen 4.0のリリース時期は、同OSの開発者向けサイトにあるロードマップに掲載された。それによると、Tizen 4.0の最初のベータ版は2017年6月、正式版は9月に登場する。

 このロードマップは、厳密には「Tizen .NET」のリリース予定を示したものだが、同じページの中に、「Tizen .NETの初の正式バージョンは、Tizen 4.0の一部として2017年9月にリリースされる」と説明がある。

 このロードマップは最近公開されたもので、本記事執筆時点では表の中に一部誤植があるようだ。2017年までのTizen .NETのリリース予定を示しているはずなのに、Tizen 4.0のリリース日が2016年9月となっているのは明らかに間違いだ。

 Tizenは、「iOS」や「Android」と競合するOSだが、これまで苦戦が続いている。インドでSamsung製スマートフォンの一部機種に採用されているものの、搭載されているTizenのバージョンは2.4止まりだ。

 そのほかには、Samsungのスマートテレビや、「Gear S3」などのスマートウオッチがTizenを搭載している。今後は、同社の家電製品や洗濯機、さらには掃除機にも搭載される予定だ。

 現時点では、Samsung製スマートフォンの大半はAndroid端末だが、同社はTizenも存続させている。リスクの集中を避けるためだ。またSamsungは、同社のAndroidモバイルデバイス、Windowsパソコン、Tizenデバイスが簡単に相互連携できるようにする技術の開発も進めている。

↑ページ先頭へ