TOPマネジメント > 大型トラック後部の画面で前方が丸見え、Samsungがプロト...

マネジメント

大型トラック後部の画面で前方が丸見え、Samsungがプロトタイプを開発

2016/02/09

Lucas Mearian Computerworld

 韓国Samsung Electronicsは、「Samsung Safety Truck」というプロジェクトをアルゼンチンで進めている。大型トラックやトレーラーの後部に大きなHDディスプレイを設置して、前方の道路の様子を後続車が把握できるようにするというものだ。同社は現地時間2016年2月2日、同プロジェクトで開発したセミトレーラー・トラックのプロトタイプを正式に発表した。

Credit: Samsung

 Samsung Safety Truckの狙いは、片側1車線の道路で大型トラックの後ろを走る車が、安全に追い越し可能なタイミングを把握できるようにすることにある。

 トラックには、前方を捉える2台のカメラを搭載し、特製の伝送用ソフトウエアのプラットフォームを使って、前方の道路の映像を後部のディスプレイに映し出す。

 ディスプレイはSamsung製。46インチの1080p HD LEDディスプレイを4台並べたビデオウォールとして設置する。

 OverView Seamless Videowall(OSV)と呼ばれるこのディスプレイは、防塵と防水に関してIEC(国際電気標準会議)基準の認証を受けており、「道路や天候の状況に関係なく明瞭な映像が見られる」とSamsungのプレスリリースは説明する。このディスプレイは、屋外用のサイネージとして利用されている同社の市販のディスプレイと同じ種類のものだ。

 「Samsung Safety Truckプロジェクトは1年間継続する予定だが、現時点では近い将来に製品として発売する予定はない」とSamsungの広報担当者は言う。「当社は現在、この機会を活用する最適な方法について、さまざまなビジネスパートナーと話し合っているが、今の段階で詳細について話すのは時期尚早だ」としている。

↑ページ先頭へ