TOPアプリ/OS > YouTube、モバイル生配信機能と有料コメント機能を開始

アプリ/OS

YouTube、モバイル生配信機能と有料コメント機能を開始

2017/02/09

Michael Simon Greenbot

 動画の世界では、モバイルデバイスからのライブ配信が目下のトレンドになっている。現在の2強は、米Facebookの「Live」と米Twitterの「Periscope」だが、ついに米Googleの「YouTube」が参戦することになった。

 動画の公開に広く使われているYouTubeのモバイルアプリは、2016年夏からライブ配信機能をサポートしていたものの、その機能を使えるのは、同社が厳選した5つのパートナー(「The Young Turks」「AIB」「Platica Polinesia」「SacconeJolys」「Alex Wassabi」)に限られていた。だが今回、対象が大幅に拡大し、1万人以上のチャンネル登録者数がいる配信者なら誰でもモバイルのライブ配信機能を使えることになった。

 YouTubeの公式ブログ記事は、これで「数十万人」の優秀なクリエイターたちが新たにライブ配信を使えるようになったと説明している。

 FacebookのLiveやTwitterのPeriscopeと同じで、YouTubeのライブ配信も、該当するユーザーはモバイルアプリの中でそのまま配信を始められる。アプリを開き、新しい配信ボタンを押すだけでよい。公式ブログ記事によると、ライブ配信の動画も、「通常のYouTube動画と同じ機能を完備している」とのことで、「検索で見つけたり、おすすめや再生リストで見つけたりでき、不正利用からも守られる」とのことだ。公式ブログによると、YouTubeは、大勢のクリエイターと協力して「モバイル体験の改良」を続けてきたそうで、ライブチャットのペースを抑えたり、デバイス間での配信の品質を向上したりといった修正を加えてきた。

↑ページ先頭へ