TOPクラウド > IBMの「Watson」、IBM以外のクラウドでも利用可能に...

クラウド

IBMの「Watson」、IBM以外のクラウドでも利用可能に

2019/02/14

Serdar Yegulalp InfoWorld

 基盤となるIBM Cloud Private for Dataは、Kubernetesベースのマイクロサービスで構成されており、マルチノードクラスタで動作する。Puri氏によると、顧客企業のローカルのデータストアとIBM Cloud Private for Dataとのインテグレーションは各社が自ら行うものとし、IBMは直接対処しない。

 またPuri氏は、今回提供するローカル版Watsonについて、ローカルプロキシからのAPI呼び出しをIBMがホスティングしているマスター版のWatsonに転送するだけの製品ではないという点を明確にした。IBM Cloud Privateを基盤とするローカル版が、顧客企業のそれぞれの環境で個別に動く。サポートしているクラウドは、Amazon Web Services(AWS)、Google Cloud、Microsoft Azure、Red Hat OpenShiftだ。ローカル版のWatsonサービスのAPIは、IBM Cloudで動くWatsonサービスと互換性がある。

 ローカル版Watsonは周期的にアップデートが必要であることから、マスター版との間で結果に違いが生じる場面もありそうだ。3カ月ごとや年ごとなど、ローカル版のWatsonサービスの新バージョンをリリースする頻度について、Puri氏は具体的なスケジュールは挙げなかったものの、「かなり定期的」に更新すると明言した。

↑ページ先頭へ