TOPソーシャル > Zuckerberg氏がプライバシー重視の方針を表明、広告や...

ソーシャル

Zuckerberg氏がプライバシー重視の方針を表明、広告やフェイクニュースには触れず

2019/03/08

Mark Hachman PCWorld

 米FacebookのMark Zuckerberg最高経営責任者(CEO)は現地時間2019年3月6日、Facebookの今後のビジョンや方針について述べた長大な文章を、自身のFacebookアカウントから投稿した。プライバシー重視のプラットフォームを構築することを表明し、今後のコミュニケーションのあり方のモデルを示している。

Credit: Facebook

 だが、現在Facebookが特に非難を受けている点のうち、広告については、ごくわずかに言及しているのみだ。また、フェイクニュースなどの偽情報については一切触れていない。

 投稿によると、今後のコミュニケーションのあり方のモデルはWhatsAppだ。「コミュニケーションの未来は、暗号化されたプライベートなサービスへと徐々にシフトしていくと信じている。対話の内容が漏れないこと、メッセージやコンテンツが永久には残らないことを信用できるサービスだ。そのような未来を実現する力になりたいと思っている」とZuckerberg氏は述べている。

 今後、Facebookのネットワーク上で人々がコミュニケーションする主な手段は、Facebook本体ではなくMessengerやWhatsAppになるとZuckerberg氏は考えている。両アプリをこれまでより高速かつシンプルで、非公開性と安全性を高めたものにする計画を進めているという。

 Zuckerberg氏とFacebookに対して、米議会からもユーザーからも批判の声が強まる中、同社は明らかにその埋め合わせをしようとしている。問題は、それをユーザーが信用できるかどうかだ。Facebookが慣習を改めることを約束した後で、新たなスキャンダルが持ち上がるという構図は、これまで何度も繰り返されてきた。

↑ページ先頭へ