TOPソーシャル > Zuckerberg氏がプライバシー重視の方針を表明、広告や...

ソーシャル

Zuckerberg氏がプライバシー重視の方針を表明、広告やフェイクニュースには触れず

2019/03/08

Mark Hachman PCWorld

事態を乗り切るには

 Zuckerberg氏によれば、暗号化が治安に及ぼす影響については、「Facebook側がメッセージの中身を把握できなくても、行動のパターンを検出するなどの手段により、Facebookの各アプリにわたって悪人を特定して阻止する能力の強化に取り組んでいる」とのことだ。また、新たなプラットフォームを基盤として構築するサービスに関して熟考が必要だと説明する中で、広告という言葉を持ち出している。言うまでもなく、Facebookの収益源は広告だ。

 しかしながら、昨年Zuckerberg氏が米議会公聴会で追求を受けた時に繰り返していた「後で回答する」との答えや、同社がグロテスクなコンテンツの取り締まりを時給制の作業員に実質的に外注しているとの報道を考えると、Facebookが答えを出すべき点はまだたくさんある。これまで、Facebookに登録するとフェイクニュースの波にごく簡単にさらされていた。プライバシー重視のコミュニケーションという目標が立派だとしても、社会でFacebookが果たす役割についての論点からは外れているように思える。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ