TOPアプリ/OS > 英Sky、利用者の気分に合ったコンテンツのレコメンドを模索

アプリ/OS

英Sky、利用者の気分に合ったコンテンツのレコメンドを模索

2018/03/22

Scott Carey Computerworld UK

提示される結果は

 実際の画面上では、泡のような形のものがいくつか表示され、「スリル」「恐怖」「リアル」「幸福」など、気分に関するキーワードがそれぞれに付いている。利用者は、自分の気分に合ったキーワードを選ぶ。

 キーワードを1つ選ぶと、その気分に合った雰囲気の映画がいくつか提示される。複数の気分を選ぶこともできる。また、ピンチ操作で泡の大きさを変えれば、それぞれの重み付けを調整することもできる。

 今のところ、提示される結果はやや玉石混交だ。Li氏のデモ動画では、笑えて怖い作品を見たいという気分を示した利用者に対して提示された映画は、「Shaun of the Dead」と「Juno」だった。前者は分かるが、後者は合っているのだろうか。

 Li氏自身も指摘するように、「笑えるという言葉の定義は人によって違う」。そこで同チームは、例えば文化的な違いに関する改良のために、モデルに反復処理を行っている。「このモデルによって、気分とキーワードとの意味的関係を得るよい基盤ができた」とLi氏は説明する。

 この機能のリリースに関して、Li氏は今のところ多くを語らない。「私が言えるのは、この成果は、近い将来Skyのプロダクトの機能を支えることになる」と話すにとどめた。

↑ページ先頭へ