TOPアプリ/OS > ニュージーランド企業、Alexaと連携した「話すAgTech...

アプリ/OS

ニュージーランド企業、Alexaと連携した「話すAgTechシステム」を開発

2018/06/14

George Nott CIO Australia

 ニュージーランドのAgTech企業であるAutogrowが、「世界初の話す自動栽培システム」を開発したと発表した。

Credit: IDG

 Autogrowはオークランドで1994年に設立された企業で、屋内農業用の各種ハードウエアやソフトウエアを開発している。今回の発表は、同社のクラウドベースのアプリケーション「IntelliGrow」のAPIを、米Amazon.comのスマートアシスタント「Alexa」に連携させたもの。生産者は、栽培室の現在の状況を声で尋ねたり、音声コマンドで操作を指示したりできる。

 AutogrowのDarryn Keiller最高経営責任者(CEO)は言う。「これは現時点で人工知能(AI)の最善のユースケースだと思う。この開発では、人の声をコマンドに変えたほか、システム間の連携が可能であることを実証した」

↑ページ先頭へ