TOPアプリ/OS > ニュージーランド企業、Alexaと連携した「話すAgTech...

アプリ/OS

ニュージーランド企業、Alexaと連携した「話すAgTechシステム」を開発

2018/06/14

George Nott CIO Australia

 「当社のソリューションアーキテクトであるLee Dunnは、この挑戦にやりがいを感じた。Amazon.comのAlexa Voice Serviceを選んだのは、開発者がコネクテッドデバイスに音声機能を搭載できると同社が約束しているからだ」

 今回Alexaに対応したIntelliGrowは、Autogrowが2017年11月にリリースしたクラウドベースのアプリケーションだ。同社の制御システムと、サードパーティ製の各種システム(照明、空調、センサー、マシンビジョンなど)とを、オープンなAPIで連携できる。

 「今回の新たな連携はさらなる強化が可能だ。生産者はビジネスの中で柔軟性と制御性を高められる。ここから無限の可能性が広がる」とKeiller氏は述べている。

 「我々の根底にあるのは、屋内農業の生産物の量と質を1年を通じて高められるようにしたいという強い思いだ。そうすれば、消費者が求める農作物をニーズに合ったタイミングで栽培できるようになり、収益力が向上する」

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ