TOPアプリ/OS > Google Chrome、全HTTPページに「保護されてい...

アプリ/OS

Google Chrome、全HTTPページに「保護されていません」警告を表示

2018/07/26

Brad Chacos PCWorld

 Webサイトとブラウザー間の通信をHTTPSで暗号化してユーザーのデータを守ることに関して、米Googleはサイト運営者に向けた強硬姿勢をさらに進めている。同社が2018年7月24日に安定版をリリースした「Chrome 68」では、HTTP接続のサイトを開いた時に、「保護されていません」という警告がアドレスバーに表示されるようになった。従来のバージョンは、HTTPS接続のサイトを開いた場合に「保護された通信」という表示と緑色の鍵マークが表示されていたが、裏返しの警告に変わった。

Credit: Google

 HTTPS接続は、コンピューターとサイト間の通信を暗号化し、ネットワーク上でデータが第三者に傍受されるのを防ぐ。重要な個人情報をサイト側と共有する場面では、HTTPSはもちろん不可欠だ。Chromeは昨年から、ログインフィールドがあるHTTP接続ページや、シークレットモードで開いたHTTP接続のページに対して、同様の警告を表示するようになった。またHTTPS接続であれば、閲覧中のサイトを第三者に改ざんされるのを防ぎ、パスワードを盗む偽造サイトや広告インジェクションの抑止にもつながる。

 Chrome 68のアドレスバーに出る「保護されていません」という警告は、ハッキングを受けたという意味ではない。通信が保護されていないのでハッキングを受ける恐れがある、という意味だ。

↑ページ先頭へ