TOPクラウド > 法人用OneDrive、動画の自動文字起こし機能を搭載へ

クラウド

法人用OneDrive、動画の自動文字起こし機能を搭載へ

2018/08/30

Mark Hachman PCWorld

 また、会議の参加者へのコンテンツ共有を促す機能も加わる。例えば、会議の中でプレゼンテーションを行ったり、ホワイトボードに書いた内容を記録として撮影したりすると、参加者に向けてファイルを共有するよう促すメッセージが後で表示される。このほか、ユーザーに関係すると判断されたファイルがOneDriveのページに自動的に提示される機能も加わる。この機能は、以前登場した「Delve」にもあった。

 Microsoftが法人向けのOneDriveとそれ以外との違いをあまり明確にしていないことや、今回のような機能をコンシューマーの手から遠ざけていることは残念である。だが、動画の文字起こし機能に関しては、動画コンテンツが当該企業の管轄下を離れてYouTubeのようなサードパーティーの動画サービスに置かれるのは避けたいというのがMicrosoftの考えだ(恐らくは、企業自身もそう考えるはずだ)。会社で作成した動画は、自社の管轄下にとどめ、Microsoftが門番の役割を果たすという構図を望んでいる。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ