TOPコンシューマIT > IEEE 802.11axからWi-Fi 6に名称変更、その...

コンシューマIT

IEEE 802.11axからWi-Fi 6に名称変更、その意義は

2018/10/11

Jon Gold Network World

 Wi-Fi機器の認証や普及促進を担う業界団体Wi-Fi Allianceは2018年10月3日、Wi-Fi規格の種類を表す名称について、これまで浸透してきた「IEEE 802.11xx」という表記に代えて、もっとシンプルで一般ユーザーが理解しやすい、数字を使った呼称を採用したと発表した。今月から、802.11axは「Wi-Fi 6」、802.11acは「Wi-Fi 5」、802.11nは「Wi-Fi 4」と呼ぶ。

Credit: Microsoft

 Wi-Fi Allianceによると、新しい呼称の狙いは、エンドポイントとルーターの規格が合っているかどうかを、一般のWi-Fiユーザーにも分かりやすくすることにある。

 これはいわば、携帯通信キャリアが展開してきた通信技術を「3G」「4G」「5G」と表現するのと同じようなものだ。そちらは認証制度によるものではないが、具体的な技術仕様とは違って、各端末が対応している接続技術の世代を大まかに表している。

↑ページ先頭へ