TOPコンシューマIT > IEEE 802.11axからWi-Fi 6に名称変更、その...

コンシューマIT

IEEE 802.11axからWi-Fi 6に名称変更、その意義は

2018/10/11

Jon Gold Network World

 もっと大きな問題になり得る点としてMathias氏が指摘するのは、技術的に異なるWi-Fi規格をシンプルな連番で表現することが利用者に誤解を与えかねないことだ。例えば、802.11adや11ayは60GHz帯を使う規格で、2.4GHz帯や5GHz帯を使う規格とは特徴や性質が大きく異なる。仮にこうした規格を「Wi-Fi 7」と呼ぶとしたら、異なる用途に向けて全く別に設計された技術ではなく、同じ技術の次世代版という印象になる。

 「連番が『向上』という意味合いに取られるとしたら、いろいろな問題が生じる可能性がある」とMathias氏は言う。

 Wi-Fi Allianceの説明によると、デバイスやOSのメーカーは、数字を使った新しい呼称をユーザーインタフェース(UI)に取り入れることができる。例えば、モバイルデバイスの接続先のアクセスポイントが切り替わっていく中で、現在どの規格で接続しているかを、数字を使ったUIで表示できる。

 数字を使った新しい名称は、Wi-Fi Allianceが無線製品に対して実施している認証制度にも適用される。来年からは、例えば802.11axの規格を満たしている製品は、「Wi-Fi CERTIFIED 6」として認定される。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ