TOPセキュリティ > Intel、金融犯罪に対抗するためのAIソリューションを発表...

セキュリティ

Intel、金融犯罪に対抗するためのAIソリューションを発表

2017/10/16

Fergus Halliday PCWorld

 Intelの説明によると、Saffronの連想記憶AIは、人間が生まれ持っている学習能力、記憶力、類推力をリアルタイムでシミュレーションする。人間の脳の連想記憶を模していることから、動的で多種多様なデータソースに隠れている共通点や異常点を見つけ出す能力が高いとのことだ。

 これらのソリューションは、複雑な作業での意思決定を向上できる作りになっており、これまでにない速さと効率性でマネーロンダリングを発見できるとIntelは説明している。

 Saffron AML Advisorの早期導入プログラムに参加した1社が、ニュージーランドのBank of New Zealand(BNZ)だ。同行の参加をIntelは喜ばしく思っているとRidley氏は言う。

 BNZでプロダクトおよびテクノロジー担当ディレクターを務めるDavid Bullock氏は次のように話している。「まさに最先端のテクノロジーに関して、Intel Saffronと協力できることをうれしく思っている。こうしたテクノロジーを使うことで、これまでより深くお客様を理解でき、スマートな意思決定を支援できる」

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ