TOPコンシューマIT > Samsung、「Galaxy S7」を2016年1月に発表...

コンシューマIT

Samsung、「Galaxy S7」を2016年1月に発表か

2015/10/22

Matt Hamblen Computerworld

 韓国Samsung Electronicsが次期スマートフォン「Galaxy S7」を2016年1月に発表すると、韓国ETNewsが現地時間2015年10月20日に報じた。プレミアム(Premium)と準プレミアム(Sub-Premium)の2種類のバージョンが登場し、それぞれ別々のプロセッサを搭載するとしている。

 この報道が事実だとすると(Samsungに関するETNewsの報道は正しいことが多い)、高い処理能力を求めている企業の調達担当者にとって、このプレミアムバージョンは重要な存在になりそうだ、と米Strategy Analyticsのアナリスト、Phil Hochmuth氏は話す。高い処理能力とはすなわち、パフォーマンスを損ねることなく、暗号化などの処理をバックグラウンドでこなせる能力ということだ。

 「ビジネス用という観点では、Samsung/Android端末を会社所有として導入したり、『CYOD(Choose Your Own Device)』の承認済み機種に加えたりする時に、企業のIT担当者がこのプレミアムバージョンの機種を選択する可能性は非常に高い」

 SamsungがGalaxy S7で2つのバージョンを投入するとの報道は、「Android、特にSamsungが、法人分野でAppleに挑もうとしていることを例示するものだ」とHochmuth氏は言う。Samsungのセキュリティ機能「KNOX」や、企業向けアプリでの同社と米Red Hatとの提携、さらには、次期OS「Android 6.0 Marshmallow」で128ビットのフルディスク暗号化などの新しいセキュリティ機能が搭載されることは、いずれも、法人分野でAppleに挑みたいというSamsungの意向を示していると同氏は話す。

↑ページ先頭へ