TOPコンシューマIT > 高速ストレージを実現するIntel VROC、数々の制約は解...

コンシューマIT

高速ストレージを実現するIntel VROC、数々の制約は解消されず

2017/10/26

Gordon Mah Ung PCWorld

 また、コンシューマー向けのVROCが正式に対応するドライブの数もはっきりしていない。COMPUTEXでは、VROCは最大20台のSSDのRAID構成に対応していたが、正式リリース版がサポートするドライブ数をIntelは明らかにしなかった。

 Intelは、VROCの正式なリリース日も明言しなかったが、すでにベンダー各社には提供されており、登場は間もなくだとした。

 ネットで怒りを招きそうな点はまだ残っている。VROCに対応しているCPUが、Skylake-XアーキテクチャのCore i9とCore i7に限られていることだ。Kaby Lake-XアーキテクチャのCore i7とCore i5のユーザーは、依然として蚊帳の外に置かれている。

 そして10月初めには、米AMDが強力な一撃を見舞った。CPUに直接接続したNVMe対応SSDを使ってRAIDアレイを構築できる機能を、AMDも発表したのだ。しかもこちらは無償で利用できる。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ