TOPクラウド > Microsoft Azure、多要素認証でまたもや障害が発...

クラウド

Microsoft Azure、多要素認証でまたもや障害が発生

2018/11/29

Gregg Keizer Computerworld

 米Microsoftのクラウドサービス「Azure」で、多要素認証(MFA)を利用しているユーザーのログインに影響する障害が再び発生した。MFAのユーザーがログインできなくなる障害は2018年11月19日にも発生し、同社はその原因についての詳しい報告を11月26日に公表したばかりだった。

Credit: Martyn Williams/IDG

 Azureの状態について伝えるダッシュボードには、次のような説明が掲載された。「2018年11月27日14時25分(UTC:協定世界時)以降、MFAを利用している一部のお客様が、Azure Active Directoryなど、Azureのリソースにサインインする際に、断続的な問題に遭遇した。この不具合は、MFAを必須とするポリシーを適用している場合に生じた」。その2時間半後にダッシュボードに上げられた報告によると、DNSで生じていた問題を解決した後で、エンジニアがサービスを再起動したところ、それ以降は障害率の減少が確認されたとのことだ。

 この障害は、ダッシュボードで示されている「アメリカ」「ヨーロッパ」「アジア太平洋」の3地域のユーザーに影響した。

↑ページ先頭へ