TOPアプリ/OS > Windows、機能を絞った軽量版がまたも登場?

アプリ/OS

Windows、機能を絞った軽量版がまたも登場?

2018/12/05

Mark Hachman PCWorld

 PCメーカーもPCユーザーも、どうせならすべての機能を備えた完全版のWindowsの方がよいという姿勢を幾度となく示してきたはずだ。しかし米Microsoftは、フル機能版を使ったことがないユーザーに向けて、機能を絞った軽量版Windowsの開発をまたも目指しているらしい。

Credit: Dan Masaoka

 IT情報サイトPetriの記事によると、Microsoftが開発中の軽量版OSは、現時点では「Lite」という名前だ(Windows Liteではなく、単なるLite)。ひょっとすると、実際にWindowsではないのかもしれない。ターゲットは子供たちだ。米国の子供たちにとって、コンピューティングを経験する第一歩は米Googleの「Chromebook」だというケースが増えている。Liteも同じような路線で、PWA(Progressive Web Apps)アプリや、Microsoft Storeで配信されているアプリのみが動くのだろう。

 どこかで聞いたような話だと思うかもしれない。実際Microsoftは、機能を絞った軽量版Windowsに少なくとも過去2回チャレンジしている。1回はかつての「Windows RT」。もう1回はWindows 10に最近加わった「Sモード」(旧称Windows 10 S)だ。どちらも、PCメーカーや消費者にそっぽを向かれ、それぞれの完全版であるWindows 8やWindows 10の方が好まれた。

↑ページ先頭へ