TOPコンシューマIT > Google、血糖値測定用ウエアラブル端末の特許を出願、針な...

コンシューマIT

Google、血糖値測定用ウエアラブル端末の特許を出願、針なしで血液を採取

2015/12/09

Sharon Gaudin Computerworld

 米Googleが、針を使わずに糖尿病患者の血糖値を測定できるウエアラブルデバイスの特許を出願した。米特許商標庁は現地時間2015年12月3日付けでこの特許出願の情報を公開した。

Credit: Google/U.S. Patent Office

 Googleが特許を出願したのは、手首に巻く形のウエアラブルデバイスだ。加圧ガスを使ってユーザーの皮膚に小さな穴をあけ、血液の「微細な出現」を取り込んで測定するとしている。

 このデバイスの用途は、糖尿病の検査にとどまらないかもしれない。特許の願書では、採取した血液について、ホルモン濃度、タンパク質、酵素など、さまざまな項目を検査できる可能性があるとし、色々な病状の判断材料になり得ると説明している。

 通常、糖尿病の血糖測定では、穿刺針(ランセット)と呼ばれる細い針で皮膚に小さな穴をあけ、微量の血液を採取して、血糖値計で値を測定する。血液は指先から採ることが多い。針が細いほど、検査に伴う苦痛は軽減される。

 しかし一方で、針が細くなると、曲がりや破損が起きやすくなり、皮膚にきちんと穴があかなくなる可能性も高まる。

↑ページ先頭へ