TOPアプリ/OS > MSの翻訳アプリが進化 スマートウォッチ併用で円滑な会話実現...

アプリ/OS

MSの翻訳アプリが進化 スマートウォッチ併用で円滑な会話実現

2015/12/21

Mark Hachman PCWorld

 翻訳アプリが役立つ場面は主に2つある。1つは、外国語の語句の意味を知りたい時、もう1つは会話の中で話した内容を瞬時に外国語に訳したい時だ。米Microsoftは現地時間2015年12月17日、翻訳アプリ「Microsoft Translator」のAndroid版とiOS版の両方で、会話の翻訳機能を強化し、スマートウォッチとスマートフォンを組み合わせた会話に対応したことを発表した。

Credit: Microsoft

 Microsoftは今年の早い段階でAndroid向けアプリでスマートウォッチとの連携機能を搭載していた。ただスマートウォッチに向かって話すと、その訳がスマートフォンに表示されるだけだった。今回のアップデートで機能を進化させ、Android版とiOS版の両方で双方向の会話を実現。一方の人がスマートフォンに向かって話すと、その訳が相手のスマートウォッチに表示できる。逆方向も可能だ。

↑ページ先頭へ