TOPセキュリティ > 消費者もランサムウエアの被害に、サイバー犯罪の今後(上)

セキュリティ

消費者もランサムウエアの被害に、サイバー犯罪の今後(上)

2015/01/26

Taylor Armerding CSO

 ごく普通の消費者が、デジタル界のさまざまな悪党に毎月20ドル以上をBitcoinで脅し取られる未来はすぐそこかもしれない。朝出かける時に車のエンジンがかからなくなったり、幹線道路でブレーキが効かなくなったり、仕事に出ている日中に自宅の施錠を外されたりするのを防ぐためとしてだ。

 みかじめ料の類を支払うよう強要された店舗や企業の話を聞いたことがあるだろう。「不測」の火事で建物が焼け落ちたり、災難に遭わされたりするのを防ぐためとして脅し取られる金銭だ。

 だが、ごく普通の消費者も、デジタル界のさまざまな悪党に毎月20ドル以上をBitcoinで脅し取られる未来はすぐそこかもしれない。朝出かける時に車のエンジンがかからなくなったり、幹線道路でブレーキが効かなくなったり、仕事に出ている日中に自宅の施錠を外されたりするのを防ぐためとしてだ。

 米国時間2014年12月4日、米ジョージタウン大学のロースクールが開催したカンファレンス「Cybercrime 2020:The Future of Online Crime and Investigations」の中で、「High Tech Crimes of Tomorrow」というパネルディスカッションがあった。この中で専門家たちが描いたのが、上に挙げたような反ユートピア的な未来である。

↑ページ先頭へ