TOPNetwork > ネットに自分の痕跡を残さない方法(後)

Network

ネットに自分の痕跡を残さない方法(後)

2015/02/12

Bob Violino CSO

 現代は、あらゆるコミュニケーションや商取引がインターネットに大きく依存し、モバイルやデスクトップのデバイスを通じて人々がさまざまな形でつながっている。そうした中で、ネット上に自分の痕跡を残さないままでいることは可能なのだろうか。これは多くの人にとって難題かもしれない。だが、プライバシーに敏感なユーザーがサイバー空間で行動の足跡をできるだけ残さないようにするための方法はある。

前回から続く)

 また、ネット上で入力する情報を限定すれば、自分の痕跡を減らすことができる。

 「『必要最小限の原則』に従うことだ。例えば、オンラインフォームを入力する時には、必須のフィールドのみ入力するとよい」と、中立的な立場でセキュリティ製品のテストや認証を行う米ICSA Labsのクラウドセキュリティプログラム担当マネージャー、Vinny Sakore氏は言う。「オプトインの確認を求められても、絶対的に必要である場合以外は許可しないようにする。また、個人情報の入力を求められるコンテストや無料プレゼントの類には関わらないことだ」

 ソーシャルネットワークから退会したり、活動を控えたりという手もある。Abrams氏は次のように話す。「自分の痕跡を減らすうえで最も普遍的かつ効果的な策の1つは、ソーシャルネットワークを一切やめることだ。そうすれば、ターゲティング広告とストーカー行為の両方を減らすことができる」

↑ページ先頭へ