TOPHardware > 次世代SSDの接続規格「NVMe」とは(前)

Hardware

次世代SSDの接続規格「NVMe」とは(前)

2015/04/28

Jon L. Jacobi PC World

既存の技術を活用

 幸い、SSDに適した高速なバス技術は既に存在していた。PCI Express(PCIe)だ。PCIeは、グラフィックなどの拡張カードのデータ転送レイヤの基盤となっているもので、Thunderboltの基盤でもある。PCIeのデータ転送速度は、バージョン2.0(Gen 2)では1レーン当たり約500Mバイト/秒、バージョン3.x(Gen 3)では1レーン当たり約985Mバイト/秒だ。4レーン(「x4」と表記)のスロットにカードを接続した場合の転送速度は、Gen 2では2Gバイト/秒、Gen 3では約4Gバイト/秒になる。非常に高速であり、後者については、現在のトップクラスのSSDでも十分な速度だ。

 PCIeの拡張カード型のSSDとしては、米OCZ Storage Solutionsの「RevoDrive」、米Kingston Technologyの「HyperX Predator PCIe SSD」、Plextorの「M6e」などの製品が、しばらく前から登場している。しかし今のところは、SCSIやSATAのプロトコルを基盤とし、直線的なハードドライブの手法を利用している。当然ながら、新しいアプローチが必要となっていた。

翻訳:内山卓則=ニューズフロント

↑ページ先頭へ