TOPNetwork > セキュリティ人材は引っ張りだこ(前)

Network

セキュリティ人材は引っ張りだこ(前)

2015/05/26

Beth Stackpole Computerworld

 IT系人材紹介会社である米Robert Half Technologyの調査によると、セキュリティ分野の人材に対するニーズが高まっていることが分かる。同社の調査レポート「2015 Salary Guide for Technology Professionals」では、特別な技能を持つ技術者については、IT労働市場全体の中で、需要が供給を上回る状態が当面は続くとのことで、そのギャップが特に大きい3つの分野の1つとしてセキュリティが挙がっている。

 現在23歳のDaniel Kowalskiさんは、サイバーセキュリティが自分の進む道になると9歳の頃から自覚していた。CMや、お気に入りの映画「ダイ・ハード4.0」を見て、ハッカーが秘密裏に進める行為のとりこになったKowalskiさんは、若くしてセキュリティにのめり込んでいった。高校生の時にはITとセキュリティに関する資格をいくつか目指し、その後フロリダ州立大学に進んでコンピューター犯罪学の学位を取得した。

 大学卒業後は、IT分野の一般的な契約職の仕事をいくつかこなし、それぞれでセキュリティについての基本的な経験を積むことができた。そして、1年足らずにして、目指す分野で正式な職に就くことに成功した。防衛関連の情報通信機器を手がける米Harris Corporationの情報システムセキュリティエンジニアという仕事だ。「私の未来はセキュリティにある」とKowalskiさんは言う。「セキュリティの中でどこに身を置きたいかについては、まだ語るには早い。私はまだ何も専門には手がけていないからだ。しかし、既にあらゆるものに触れてきた」

 Kowalskiさんの未来はかなり明るいに違いない。今やセキュリティは、IT関連のキャリアパスの中で最も熱い存在だからだ。Computerworldが実施した調査「2015 IT Salary Survey」の結果でも、セキュリティ技術者に対するニーズが堅調であることが明らかになった。調査の回答者のうち、セキュリティ関連の役職の人だけで見た場合、過去1年間にヘッドハンターから連絡を受けたことがあると答えた人は全体の75%に達し、現在の役職が安泰またはきわめて安泰と答えた人も71%に及んだ。

↑ページ先頭へ