TOPNetwork > セキュリティ人材は引っ張りだこ(後)

Network

セキュリティ人材は引っ張りだこ(後)

2015/05/28

Beth Stackpole Computerworld

 IT系人材紹介会社である米Robert Half Technologyの調査によると、セキュリティ分野の人材に対するニーズが高まっていることが分かる。同社の調査レポート「2015 Salary Guide for Technology Professionals」では、特別な技能を持つ技術者については、IT労働市場全体の中で、需要が供給を上回る状態が当面は続くとのことで、そのギャップが特に大きい3つの分野の1つとしてセキュリティが挙がっている。

前回から続く)

兼ね備えるべき技能と特徴

 これらの現実から分かるのは、セキュリティ分野で成功を収めるためには、特定の経験、技能、性格的特徴を兼ね備えていることが必要だということだ。自発的に動き、積極的に学習する人であることは絶対不可欠だとPospisil氏は言う。ほかにも鍵を握るのは、優れたコミュニケーションスキルと、セキュリティの実地経験だ。

 加えて、セキュリティは、IT関連の他分野に比べて、認定資格が持つ意味も大きい。実際、IT人材関連の調査会社である米Foote Partnersの調査でも、そうした傾向が明らかになった。同社が2015年2月27日に発表した調査レポート「IT Skills Demand and Pay Trends Report」によると、2014年には、情報セキュリティとサイバーセキュリティに関する69種類の認定資格の市場価値が堅調に高まり、同年10~12月の3カ月間だけでも平均3.7%上昇した。

 IT技術者の間で特にニーズの高いセキュリティ認定資格は、監査、ハッキング、フォレンジックに関するものだった。また、米CompTIAの「Security+」のような初級レベルの認定資格も人気が高まっていた。これは、キャリアの選択肢として情報セキュリティに目を向ける人が増えていることを示している可能性があると、Foote Partnersの共同創業者で主席アナリストのDavid Foote氏は言う。

↑ページ先頭へ