TOPNetwork > IoT導入のチャンスを生かすには(後)

Network

IoT導入のチャンスを生かすには(後)

2015/09/03

Colin Neagle Network World

 IoTの導入というのは、具体的にはどのように取りかかればよいのだろうか。チャンスをどのように割り出し、会社の上層部にどのように売り込めばよいのだろうか。

前回から続く)

 Harvard Business Reviewの記事には次のようにある。「資産の生産性を高めることは、最終損益にとってプラスに働く。だが、経済的な効果を得る手つかずのチャンスがあるのは、IoTの導入によって売上増とコスト削減を実現するための創造的な方法を見いだすという部分だ。これまで、この部分はあまり注目されてこなかった」

 IDCのレポートでは、農業用トラクターのメーカーの例が紹介されている。このメーカーは、農地でのトラクターの動作状況をユーザーが把握できるようにするIoT製品を投入した。だが、このIoT製品の機能は、ユーザーである農業経営者にとっては、「Product as a Service」のビジネスモデルによる新たな収益源の開拓につながるものだった。このIoT製品を利用することで、ユーザーが自らの資産の利用効率を高められるだけでなく、従量課金制でトラクターをレンタルすることも可能になったからだ。借り手がトラクターをどの程度利用したかを貸し手が把握して、レンタル料金を決めることができる。

↑ページ先頭へ