TOPクラウド > Azure IoT Suiteの導入企業、ビジネス変革の実例...

クラウド

Azure IoT Suiteの導入企業、ビジネス変革の実例は(中)

2016/04/13

Mary Branscombe CIO

 ジェットエンジンの製造から、リネンサプライ、ネズミの駆除に至るまで、どのような事業を手がけている企業であれ、今やIoT(モノのインターネット)を活用して利益率と顧客満足度を改善する方法に目を向けないと、ライバルに後れを取りかねない。

前回から続く)

 リモート監視は昔からあるが、今はどの規模の企業にとっても、コスト面で現実的な選択肢になったとMiller氏は言う。「ハードウエアの値段が下がり、センサーの値段が下がり、コンピューティングの値段が下がり、クラウドがどこでも利用できるようになったという違いがあるが、同じくらい重要なのは、そのデータを分析する機能が成熟したことで、現実的な活用が可能になったという違いだ」。この結果、IoTで実現できることの幅が広がり、奥行きも増した。

 「10年前も不可能ではなかったが、それがコスト的に見合うのは、例えばジェットエンジンの開発のように、故障が致命的で、あってはならない問題である場合に限られた。しかし現在では、IoT機器はそこまで高価ではないし、病院から、ホテルのリネン、ペット、家畜に至るまで、あらゆるものをタグ付けする事例を目にする。採掘した石油に即座にタグを付けて、顧客に届くまで追跡したいという意向もある。ネット接続が低料金でどこでも使える状況にあれば、それも可能だ」

↑ページ先頭へ