TOPクラウド > Azure IoT Suiteの導入企業、ビジネス変革の実例...

クラウド

Azure IoT Suiteの導入企業、ビジネス変革の実例は(下)

2016/04/15

Mary Branscombe CIO

 ジェットエンジンの製造から、リネンサプライ、ネズミの駆除に至るまで、どのような事業を手がけている企業であれ、今やIoT(モノのインターネット)を活用して利益率と顧客満足度を改善する方法に目を向けないと、ライバルに後れを取りかねない。

前回から続く)

 別の顧客企業では、業務用ネズミ捕りにセンサーを付けて、コスト削減と顧客満足度向上を達成したところがある。「捕獲して死んだネズミはすぐに臭いを発し始める。この会社は、『悪臭がする』という苦情の電話を回避するために、ネズミがかかっていないかどうか、頻繁に確認に出向いていたが、ほとんどは空振りに終わっていた。現在は、空のネズミ捕りの確認に走り回る費用を大きく節約できたうえ、ネズミを本当に捕獲した時には、直ちに急行して回収できる」

 ホテルや病院にタオルやシーツを届けるリネンサプライ業者では、備品の紛失が大量に発生して1年間に莫大な費用がかかっている点を突き止めることができた。この企業は、センサータグを読み取れるトラックや洗濯装置を所有していたものの、リネン類にタグは付けていなかった。「今では、『1000枚のタオルを届けたが、200枚しか戻って来なかった』と説明できる。これまではまったくの非効率だった」。次の一歩は、洗濯中のリネン類に関するデータを使って、洗濯装置の効率を上げることだった。その会社のCEOは次のように言っていたという。「どのトラックに何が積まれているかが分かるので、システムの無駄を減らして運用できる。ある顧客企業でタオルが必要となれば、タオルを積んだトラックを向かわせるよう手配できる」

↑ページ先頭へ